正直なたましい

忘れないように

樹下シンさんの短歌が好きだった。
作風が、せつない。

彼のBLOGがなくなったようだ。
それでつい、「好きだった」って過去形で書いてしまったのだけど、今でも好きだ。彼の歌のいくつかは、僕の心の中の愛唱歌だ。
もう新作は読めないのかと思うと淋しい。



・ヴォーカルのレッスン中に先生が、「あなたの声はとても寂しい」

・朝を待ち夜を待ったら 僕達が待つものなんて何もないから

・いろいろな物がなくなり残ってるのは音楽が好きと言うこと

・迷わずに歩ける理由なんですかどうしてそんな強いんですか

・真夜中に人に頭を下げている そんな仕事が僕の仕事だ

・ホッとした独りぼっちにならなくて、マクドナルドが守ってくれる


※2004年11月28日に手遊びblogにUPしたものの再掲です。
[PR]
by ammytanka | 2008-01-06 14:29 | お気に入り短歌
<< 題詠2008に参加します。(あみー) 「049:約」の歌 >>



詠んだり詠まなかったり
カテゴリ
全体
題詠blog2012
題詠blog2011
題詠blog2010
題詠blog2009
題詠blog2008
題詠blog2007
自作短歌まとめ
お気に入り短歌
100曲
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧